投稿者「tsuruatsu12」のアーカイブ

福岡市地下鉄 開業40周年

福岡市地下鉄は、昭和 56 年 7 月 26 日の開業から今年で 40 周年を迎えます。
開業 40 周年の節目を迎えるにあたり、ご利用のお客様への感謝の気持ちを込めて、記念事業の一環として記念ヘッドマークを取付ます。

取付期間

2021年7月26日(月)から12月31日(金)

運行路線

地下鉄1号線(空港線)、2号線(箱崎線)

取付車両

2000N系

天竜浜名湖鉄道 TH3000形ラストラン オリジナルヘッドマーク

天竜浜名湖鉄道の現役車両の中で最も古い車両TH3501 が車両老朽化に伴い営業運転を終了することとなりました。TH3501は平成8年2月に2両同時に導入した車両です。平成22年9月に2両のうち1両を廃車にし、1両のみとなってからは、当時運行していたトロッコ列車の牽引車両として活躍し、トロッコ列車の営業終了後、地元企業である株式会社都田建設ドロフィーズの協力を受け、フィンランドの人気のファブリック「マリメッコ」で装飾し、「スローライフトレイン」と銘打って営業運転を続けてまいりました。 長く営業運転を続けてきた事もあり、多くの人に愛された車両となりました。つきましては、臨時列車としてラストランを開催し、「ラストラン オリジナルヘッドマーク」を装着します。

運転日

2021年5月23日(日)

運転区間・時間

・天竜二俣駅(10:05発)→ 遠州森駅 (10:37着) 

・遠州森駅(12:50発)→ 三ヶ日駅 (14:17着)

(天竜二俣駅(13:17発)⇒ 金指駅(13:45着)は、従来のヘッドマークを装着いたします。)

・三ヶ日駅(16:00発)→ 天竜二俣駅(16:56着) 

ヘッドマーク装着車両

TH3501

JR東日本 「ありがとう『キハ 40・48 形』」(五能線)

JR東日本秋田支社では、12 月 12 日から五能線で「GV-E400 系」の新型車両が順次導入され、現在運行 している「キハ 40・48 形」車両は順次、引退します。長年のご愛顧に感謝して「ありがとう『キハ 40・48 形』」第3弾として、五能線に乗務する社員がデザインした『オリジナルヘッド マーク』を装着した列車を運行します。

ヘッドマーク装着期間

2020年12月26日(土)から2021年3月12日

ヘッドマーク装着区間

五能線・奥羽本線(東能代〜弘前)

※奥羽本線・津軽線にも運行される場合がある

装着車両

キハ 40・48 形

JR東日本 男鹿線キハ40・48形ありがとうヘッドマーク

JR東日本秋田支社では、男鹿線へ「EV-E801 系」車両の導入に伴い、引退が近づく「キハ 40・48 形」車両への長年のご愛顧に感謝し、社員がデザインを施したオリジナルヘッドマーク「男鹿線キハ 40・48 形ありがとうヘッドマー ク」を取り付けて運行します。

ヘッドマーク取付期間

2021年1月30日(土)〜3月12日(金)

運行区間

秋田〜男鹿

取付車両

キハ40-2088•2089 2両